ひだ森フェス開催中、快くインタビューに応じてくださいました!
飛騨の素晴らしい森と自然を、もっとたくさんの人に知ってほしいと語る岩佐さん
天生県立自然公園の原生林。歩けばわかる、その凄さ!
モウセンゴケなど、貴重な植物も
池が原湿原は車椅子の方も堪能できる歩道が整備されています

岩佐勝美さん ~森のガイドと歩く楽しさと、森や自然の素晴らしさを伝えたい~

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
「岐阜の宝もの」認定地域のうち、大自然を堪能できる3カ所を網羅する森のガイドさんの組織「飛騨の森ガイド協会」会長です!自らもガイドとして山や森に出かけながら、森の案内人と呼ばれるガイドたちの教育・養成に尽力。そして、まだ自然に触れていない人たちに森の素晴らしさを伝えるべく、さまざまな活動をされています。
今回、そんな活動の一つ「ひだ森フェス」取材時にインタビューさせていただきました!
以下は各団体のウェブサイトへのリンクです。

インタビュー動画はこちら!↓

下記記事はこのインタビュー動画を箇条書きでまとめたものです。ぜひ動画をご覧ください!

森や自然と親しむきっかけづくりのために考案したイベント

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
今日はお忙しい中(飛騨の森フェス開催中)ありがとうございます!早速ですが、「ひだの森フェス」開催の目的をお聞かせください。

飛騨の森ガイド協会 会長 岩佐勝美さん
「岐阜の宝もの」に認定されている3つの地域、
北ひだの森を歩こう 天生県立自然公園と三湿原回廊(飛騨市・白川村)
小坂の滝めぐり(下呂市小坂町)
乗鞍山麓五色ヶ原の森(高山市)
これらをガイドする「森の案内人」が集まって組織しているのが飛騨の森ガイド協会です。ガイドの多くは、日本山岳ガイド協会のガイド資格を取得し、自分達の資質や技術を向上させようと頑張ってもいます。
我々ガイドの願いは、少しでも多くの人たちに、森の素晴らしさや自然の大切さを知ってほしい、ということ。その目的を叶えるための一つの活動として、今回の「ひだの森フェス」を企画開催しました。

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
こういったイベントは今回が初めての開催ですか?

飛騨の森ガイド協会 会長 岩佐勝美さん
今回は3回目になります。
1回目は、多種多様な森の楽しみ方を提案する!という目的で、初心者向けの登山教室を開きました。ホットサンドを作って楽しむ森カフェ、歩きながら自然観察、登山装備や歩き方の相談コーナーなどですね。
2回目は、数班に分かれてロングコースを歩くトレッキングを企画しました。
そして今回、登山をやらない人でも気軽に楽しめるフェススタイルでの開催となりました。キッチンカーやカフェ、物作り体験教室、登山用品相談会、もちろんトレッキングもやります。

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
なるほど、今回のような企画なら、登山をやっていない人でも「ちょっと寄ってみた!」感覚で気軽に参加できますね!

飛騨の森ガイド協会 会長 岩佐勝美さん
そうですね!こういったきっかけから、少しでも多くの方が、森の素晴らしさ・自然の大切さに触れていただけるようになってほしいです。
また、岐阜の宝ものに認定されている各地域の認知度を広げていきたい、という思いもあります。

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
私も数回経験がありますが、ガイドさんと一緒に歩くと、普段は気づかない発見がたくさんあって楽しいんですよね!色々教えてもらえますし。初心者の方はもちろん、ベテランの方にもガイドさんとの森歩き、体験してほしいです。

飛騨の森ガイド協会 会長 岩佐勝美さん
日本全国の人々はもちろんですが、地元飛騨地域在住の方にも、「こんな近くにこんな素晴らしい場所が!」と知ってもらえたら嬉しい。そして、森を体感して自然の素晴らしさを肌で感じてほしいと思います。そのために、まずはお気軽に我々ガイドにご相談いただければと思います。

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
今日はお忙しいところ、ありがとうございました!

関連記事

  1. 丸黒山ーこんなに間近で乗鞍岳の全貌を拝める山はここだけ!北アルプスの展望も見事!ー

  2. 乗鞍岳の生態系を守れ!外来植物(セイヨウタンポポ)駆除作業ボランティア-乗鞍美化の会-

  3. 乗鞍山麓五色ヶ原の森ー飛騨山脈(北アルプス)乗鞍岳山麓の大自然を滝から池まで満喫!ー

  4. 猪臥山<冬季>(いぶしやま)ー北アルプス(飛騨山脈)と御嶽山、白山連峰まで360度見渡せる絶景の山ー

  5. 6歳と中学生が挑む!木地屋渓谷シャワークライミング(やまあかりファミリー登山教室)

  6. 空谷山(下呂御前山)ー南側からの御嶽山を間近で礼拝!紅葉のトンネル歩きに癒やされてー