貴重な乗鞍岳の高山植物と鳥、動物たち、生態系を守るために
主に畳平の鶴ヶ池駐車場と、乗鞍スカイライン沿いで駆除作業します(当日撮影)
運が良ければライチョウに出会えるかも?(当日撮影)
作業中に、ガイドさんが珍しい「白いコマクサ」を教えてくれました(当日撮影)
駆除作業の日は高山植物が真っ盛り(当日撮影)
午後はガイドさんとプチツアー。(当日撮影)

乗鞍岳の生態系を守れ!外来植物(セイヨウタンポポ)駆除作業ボランティア-乗鞍美化の会-

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
毎年、「乗鞍美化の会」がボランティアを募って開催している、「セイヨウタンポポ除去作業」が乗鞍岳畳平周辺で行われました。今年は3回の予定でしたが、1回目の7月5日は悪天候の為中止となりました。
 7月13日開催の2回目は幸い天気にも恵まれ、25名のボランティアと、サポートスタッフやガイド22名、合計47名が作業に当たりました。
 最終回となる3回目の7月21日は天候が心配されましたが、幸い荒れることなく無事終了。この日は24名のボランティアと27名のスタッフやガイド、合計51名が汗を流しました。
 2日間のセイヨウタンポポ駆除合計、なんと69.4kg!まさに「根こそぎ」駆除できたのではないでしょうか! 
 参加者の中には、今年で4回目の参加というベテランも。パッと見ただけでは見分けにくい、葉のみの小さなセイヨウタンポポも見逃さず駆除していきます。初めて参加された親子は、ガイドさんの丁寧な説明を受けながら、ゆっくりですが確実に作業していました。
 作業は午前中で終了し、昼食後は希望者のみ参加の「乗鞍ミニガイドツアー」が開かれ、3つのコースから好きなツアーを選んでガイドさんと周辺散策。美しい高山植物や鳥たちについて熱心に聞き入りながら、標高2700メートルの世界を満喫しました。母親と二人で参加した小六の男の子の、景色や植物を見て感動する姿が印象的でした。
 来年以降もこの活動が続き、乗鞍岳の素晴らしい生態系が持続してくことを願いたいものです!

  • 毎年、3回前後開催
  • 午前10時から11時30分頃まで駆除作業
  • 昼食後は希望者のみ、ガイドさんと歩く乗鞍岳プチツアーに参加できる

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
乗鞍美化の会は、高山市役所丹生川支所地域振興課内にあります。会長は飛騨乗鞍観光協会の会長が兼任しています。
ウェブサイトでの詳細は下記からご覧いただけます。

乗鞍岳、乗鞍スカイライン公式サイト(飛騨乗鞍観光協会)

いってんご(エンジョイ!ぎふ カメラマン)
百聞は一見にしかず!詳しくは動画を是非ご覧ください!↓

関連記事

  1. 剣ヶ峰最短ルート(北アルプス・飛騨山脈 乗鞍岳ー 畳平より)雲海に浮かぶ穂高連峰と御嶽山を礼拝

  2. ひだ森フェス 飛騨の森ガイド協会開催イベント

  3. 西穂独標ー新穂高ロープウエイで行く飛騨山脈(北アルプス)西穂高岳ー 

  4. 焼岳(北峰)鼓動を感じる活火山へ!ー飛騨山脈(北アルプス)ー長野県中の湯温泉ルート 

  5. 乗鞍山麓五色ヶ原の森ー飛騨山脈(北アルプス)乗鞍岳山麓の大自然を滝から池まで満喫!ー

  6. 原山・松倉山<冬季>ー高山市中心部にある市民憩いの里山・北アルプス(飛騨山脈)と市街の展望が見事!松倉城城跡もー